ICD 10 - 国際疾病分類、第10改正

精神障害および行動障害(F00-F99)

含まれるもの:心理発達障害

除外項目:臨床的および実験的研究で特定され、他の分類されていない症状( R00-R99

このクラスには、次のブロックが含まれます。

  • F00-F09症状を呈する精神障害を含む、有機的なもの。
  • F10-F19精神活性物質の使用に伴う精神的および行動的障害
  • F20-F29統合失調症、統合失調症および妄想障害
  • F30-F39気分障害[情動障害]
  • F40-F48神経系、 ストレス関連および体細胞型障害
  • F50-F59生理学的障害および身体的要因に関連する行動性症候群。
  • F60-F69人格障害および成人行動障害
  • F70-F79精神遅滞
  • F80-F89精神障害
  • F90-F98感情障害、行動障害、通常小児期および青年期から始まる
  • F99不特定の精神障害

アスタリスクは、次の見出しを示します。

  • F00 *アルツハイマー病における認知症
  • F02 *他の分類に分類される他の疾患の認知症

F00-F09 有機体、症状のある、精神障害を含む

このブロックには、明らかな病因の存在によりグループ化された多数の精神障害が含まれる。すなわち、これらの障害の原因は、脳疾患、脳損傷または脳機能障害をもたらす脳卒中であった。 機能不全は原発性(疾患、脳損傷および脳卒中、脳に直接または選択的に影響を及ぼす)および二次的(脳が他の器官および系統と共に病理学的過程に関与する場合には全身性疾患または障害のように)であり得る。

認知症(認知症)(F00-F03)は、記憶、思考、向き、理解、計数、学習能力、発言および判断を含む多くの高次皮質機能が損なわれている脳損傷(通常は慢性または進行性の性質)によって引き起こされる症候群である。 。 意識は暗くはない。 減少した認知機能は、通常、感情、社会的行動、またはモチベーションに対する制御の障害によって伴われ、時には先行する。 この症候群は、アルツハイマー病、脳血管疾患および脳に主にまたは副次的に影響を及ぼす他の状態において認められる。

必要に応じて、追加のコードを使用して元の病気を特定します。

F10-F19 精神障害のある物質を使用した精神障害と障害

このブロックには、様々な重症度および臨床徴候の広範な障害が含まれ、その発症は医学的理由で処方されたまたは処方されていない1種以上の精神活性物質の使用と常に関連している。 3桁の見出しは使用される物質を識別し、コードの4番目の文字は病状の臨床的特徴を決定する。 このようなコーディングは、明確化された物質ごとに推奨されますが、4桁のコードのすべてがすべての物質に適用できるとは限りません。

精神活性物質の同定は、可能な限り多くの情報源に基づくべきである。 これらのデータには、個人自身が報告したデータ、血液検査や他の生物学的液体の結果、特徴的な身体的および心理的徴候、臨床的および行動的症状、ならびに患者の処分時の物質または第三者からの情報などの他の明白なデータが含まれる。 多くの麻薬使用者は、複数の種類の薬物を使用する。 主な診断は、臨床症状を引き起こしたか、またはその外観に寄与した物質(または物質群)に基づいてできるだけ遠くにあるべきである。 他の精神活性物質が、健康に害を及ぼした中毒(一般的な4番目のマーク0.1)、中毒を引き起こした量(一般的な4番目のマーク.2)または他の障害共通の第4記号.3-9)。

麻酔薬の使用が混乱し、本質的に混合している場合や、様々な精神活性物質の臨床像への寄与が分離できない場合にのみ、いくつかの麻薬の使用による障害の診断が行われるべきである( F19.- )。

除外:非中毒性物質の乱用( F55

次の4番目の文字は、 F10-F19の Rubricsで使用されています。

  • .0急性中毒

    除外:中毒を示唆する中毒( T36-T50

  • .1有害な使用

    健康に有害な向精神物質の使用。 損傷は物理的(投与された向精神物質の自己割り当てによる肝炎の場合のように)または精神的(例えばアルコールの長期使用を伴ううつ病性障害のエピソード)であり得る。

    精神分裂性物質乱用

  • .2依存性症候群

    薬物を服用する強い欲求、自己制御の欠如、悪影響にもかかわらず使用、他の行動や義務よりも薬物使用の優先順位の高さ、物質への耐性の増大など、物質の反復使用によって生じる行動、自閉症および生理学的現象のグループ。

    依存症候群は、特定の向精神性物質(例えば、タバコ、アルコールまたはジアゼパム)、ある種の物質(例えば、オピオイド薬)、またはより広い範囲の異なる向精神物質に関連し得る。

    • 慢性アルコール依存症
    • 痴呆症
    • 中毒
  • .3脱落症候群

    クラスタ化と重大度の可能性があります。 それは中断または減少の時です。 離脱状態は、痙攣によって複雑になることがある。

  • .4せん妄を伴う解消症候群

    条件はF05.-で定義されています 。 痙攣も起こる可能性があります。 有機的要因がF05.8であると考えられる場合。

    せん妄振戦(アルコール誘発)

  • .5精神病性障害

    可能性があることは明らかではない 知覚的な歪み、妄想(しばしば妄想的または迫害的な性質の)、障害は幻覚、精神運動障害を特徴とし、激しい恐怖からエクスタシーへ。 感覚覚醒剤は、通常混濁ではないが、透明であり、存在し得る。

    アルコール性:

    • 幻覚

    • 嫉妬

    • パラノイア

    • 精神病

    除外:アルコールまたは他の精神活性物質誘発の残存および遅発性精神障害( F10-F19 、第4記号.7)

  • .6記憶喪失症候群

    慢性の顕著な履歴および遠隔記憶に関連する症候群。 即時のリコールは通常保存され、最近のメモリはリモートメモリよりも特徴的に妨害されます。 イベントの妨害 Confabulationには注意が必要ですが、必ずしも存在するわけではありません。 他の認知機能は、通常、比較的よく保存されている。

    健忘障害、アルコール誘発または薬物誘発

    コルサコフ精神病または症候群、アルコールまたは他の精神活性物質誘発性または非特定性

    必要に応じて、Wernicke病または症候群に関連する場合、追加コード( E51.2 †、 G32.8 * )を使用してください。

    除外項目:アルコールまたは他の精神活性物質( F04 )によって引き起こされない、

  • .7遅延したデビューを伴う残存および精神病性障害

    アルコールまたは精神活性物質の摂取によって引き起こされる認知機能、感情、人格、または行動の障害が、精神活性物質の直接的な影響が現れた後も持続する可能性のある障害。 障害の発症は、精神活性物質の使用に直接起因するはずである。 精神活性物質のエピソード(エピソード)よりも後に違反の発症が起きる場合は、精神活性物質の残留効果への障害の明らかな所属が完全に証明されている場合に限り、前述の第4の記号でコード化することができる。

    残留現象は、以前のアルコール性または麻薬性症状を重複させることによって、主に短期間のエピソード性によって部分的に精神病状態と区別することができる。

    アルコール性認知症BDU

    慢性アルコール性脳症

    認知症およびその他の軽度の形態の持続性認知障害

    フラッシュバック

    精神活性物質の使用によって引き起こされる遅れた精神病性障害

    幻覚剤消費後の知覚障害

    残余:

    • - 感情的な[感情的な]障害

    • - 人格と行動障害

    除外:

    • アルコール性または麻薬性:
      • - コルサコフスキー症候群(F10 - F19、共通の第4記号.6)
      • - 精神病状態(F10 - F19、共通の第4記号.5)

  • .8物質使用によるその他の精神的および行動的障害
  • .9精神活性物質の使用による精神的および行動的障害、不特定

F20-F29 シゾフレニア、SCHIZOTYPICの状態および損傷の障害

このユニットは、グループの最も重要な部分として統合失調症、統合失調性障害、持続性妄想障害、および急性および一時的な精神病性障害の大きな群を含む。 分裂感情障害は、その論争の性質にもかかわらず、このブロックに残った。

F30-F39 気分障害[致命的な障害]

このブロックには、主な障害が抑うつ(感情有りまたは無し)または仰臥位への感情および気分の変化である障害が含まれる。 気分の変化は、通常、活動の全体的なレベルの変化を伴う。

他の症状のほとんどは副作用であり、気分や活動の変化の背景に簡単に説明されています。 そのような障害はしばしば再発する傾向があり、単一のエピソードの発症はしばしばストレスの多い事象および状況と関連し得る。

F40-F48 脳卒中、ストレス関連、および感情異常

除外: F91に分類される行動障害に関連する.-F92.8

F50-F59生理学的異常および身体的 要因に 関連する行動性症候群

F60-F69年齢の個人的な障害と行動

このブロックには、個人の特徴的な生活様式や他人との関係を表現するものとして安定している傾向がある、臨床的意義のさまざまな状態や行動パターンが含まれます。 これらの条件と行動パターンの一部は、憲法上の要因と社会的経験の同時の影響の結果として個人発達の過程で早期に現れ、他のものは後の生活段階で獲得される。

特定の人格障害( F60.- )、混合および他の人格障害( F61.- )、長続きする人格変化( F62.- )は、多種多様な個人的および社会的状況に対して柔軟性のない対応として深く根づき、長期的行動パターンである。 そのような障害は、与えられたレベルの文化の普通の人が知覚し、思考し、感じ、特に他の人とコミュニケーションする方法からの極端なまたは重大な逸脱である。 そのような行動は持続可能であり、行動や心理的機能の多くの領域を包含する傾向があります。 これらの障害は、必ずしもそうではないが、程度の異なる主観的経験および社会的問題に関連付けられることが多い。

F70-F79 精神遅滞

遅れているか不完全な精神発達の状態で、主に開発過程で発生する技能の低下と知能の全体的なレベル(すなわち、認知能力、言語、運動能力、社会的能力)を決定する技能を特徴とする。 精神遅滞は、別の精神的または肉体的障害の有無にかかわらず発生する可能性があります。

精神遅滞の程度は、通常、患者の状態を決定する標準化された試験によって評価される。 彼らは、与えられた環境における社会適応を評価する尺度によって補完することができる。 これらの技法は、精神遅滞の程度の大まかな定義を提供する。 診断は、特定されたスキルレベルでの知的機能の全体的評価にも依存する。

知的能力と社会適応は、時間の経過とともに変化するかもしれないが、むしろ弱い。 この改善は、訓練とリハビリテーションの結果として生じる可能性があります。 診断は、精神活動の現在のレベルに基づいて行われるべきです。

精神的な欠陥の程度を特定するために、次の第4の文字で、 F70〜F79のルーブリック使用します。

.0行動障害の欠如または弱点を示す

.1ケアおよび治療を必要とする著しい行動障害

.8その他の行動障害

.9虐待行為の兆候なし

必要に応じて、自閉症、他の発達障害、てんかん、行動障害、重度の身体障害などの精神遅滞に関連する症状を特定するには、追加コードを使用します。

F80-F89 心理的発達障害

このブロックに含まれる障害は、共通の特徴を有する:a)発症は幼児期または小児期に必須であり、 b)中枢神経系の生物学的成熟に密接に関連する機能の障害または遅延発達; c)寛解および再発のない安定した流れ。 ほとんどの場合、スピーチ、視覚 - 空間的スキル、運動協調が影響を受けます。 通常、子どもが成熟するにつれて、確実に検出するために可能な限り早期に現れる遅延または障害は、軽度の欠損が成人期に持続することが多いが、徐々に減少する。

F90-F98 子供の正面から見た情動障害と障害と高齢者

F99 不特定の精神障害

MKB-10で検索する

テキストで検索:

ICDコードで検索する10:

アルファベット検索

ロシアでは、第10回改訂の国際疾病分類ICD-10 )が、すべての部門の医療機関への公衆通話の発生率、死因を説明する単一の規制文書として採択された。

ICD-10は 、1997年5月27日付のロシア保健省の指示により、1999年にロシア連邦の領土内でヘルスケアの実践導入された。 №170

新しい改訂版( ICD-11 )のリリースは2017年に予定されています。